トイレリフォームとは?

トイレリフォームとは? トイレリフォームとは、主にトイレを新しく交換することをいいます。和式トイレから洋式トイレに変更したり、古い洋式トイレをウォシュレット機能がついているものに交換することもできます。トイレリフォームで新しいトイレを使えるようになるほか、トイレ内の段差を解消する工事なども可能です。また、トイレの交換などを検討しているときは、早いタイミングでプロの業者に相談することがおすすめです。新しいトイレを選ぶ際にアドバイスをしてくれたり、それぞれの家庭に合ったリフォームプランを提案してくれます。相談や見積もりを無料でしてくれて、さらに、工事費用の予算についても相談することができるので、便利に活用するといいでしょう。

■トイレリフォームで段差を解消

トイレリフォームでは、トイレの入り口やトイレ内の段差をなくすこともできます。お年寄りが生活する家庭では、わずかな段差であっても転倒してけがをしてしまう可能性があります。トイレの交換と同時に段差の解消もしておくことで、段差でつまずくことなく新しいトイレが利用できるようになります。また、トイレ内の段差をなくすと同時に手すりをつけたりトイレのドアの交換もできます。プロの業者と相談して、安全で快適なトイレについてアドバイスを受けるのがおすすめです。

■理想的なトイレ機能を選択
新しいタイプのトイレには、節水機能があるものやタンクレス、自動でトイレのふたが閉まるものがあります。これらの個性的なトイレの中から、自分が希望する機能が備わったものが選べるのもトイレリフォームの魅力です。
たとえば、タンクレスのトイレを選ぶなら、トイレタンクがあった部分にスペースが空くことで、広々とした印象が感じられます。また、トイレタンクがあるタイプよりもデザインがシンプルになりますので、掃除がしやすくなるというメリットもあります。

■床や壁紙も交換できる

トイレのリフォームでは、トイレ内の床や壁紙も新しくすることができます。たとえば、洋式トイレから別の洋式トイレに変更する場合でも、便器下部の形状が異なっていると、床のシミやキズが目立ってしまうことがあります。しかし、床材も新しいものに変更すれば、トイレの床もきれいになります。
同様に、古い壁紙に汚れがついていたり、臭いが染み付いていたりするときは、新しい壁紙に張り替えることも可能です。トイレだけでなく、壁や床も新しくなれば、より一層気持ちよくトイレが使えるようになります。
トイレの交換と同時に交換しておいた方が良い部分については、プロの業者が的確にアドバイスしてくれます。それぞれのプランに応じた見積もりを出してもらい、トイレリフォームのイメージを決める方法もあります。

■まとめ
トイレリフォームは、古いトイレから新しいトイレに交換することですが、同時にトイレ以外の部分についても変更することができます。トイレリフォームを検討するときは、早めにプロの業者に相談するのがおすすめです。新しいトイレ選びを手伝ってくれるほか、家族構成を考えたリフォームプランも提案してくれます。
たとえば、お年寄りが暮らす家庭なら、トイレ内の段差をなくすことや手すりを取り付けて安全に利用できるようなプランも提案してくれます。また、新しいトイレに変更することで、タンクレスのトイレなど希望するタイプに変えることも可能です。タンクレストイレに変更すれば、トイレ内が広々とした空間となり、掃除もしやすくなります。
また、トイレの床や壁紙についても新しく交換することで、より一層気持ちよくトイレを使えるようになるでしょう。トイレ本体と同時に交換する箇所は、プロの業者と相談しながら決めるのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース